Old And Wise 〜折々の空〜

20171009mosaics_7fa16.png
2012/10/3 夕方
奈良県斑鳩町法起寺

1300年前の飛鳥時代から超然と建つ最古の三重塔。長閑な光景の中で、一体いくつの昼夜を、いくつの巡る季節を見てきたのだろう。秋桜の英名COSMOSには、宇宙とか調和という意味もある。古来からの叡智をうまく組み合わせ、Cosmos観を醸成できる指導者を望みたいものである。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

コメント

  • 2017/10/09 (Mon) 22:19
    No title

    こんばんは。
    1300年の時の流れとcosmosの遥かな世界観(宇宙観)を合わせられなんて、グッときますねー。
    どうやら私たちの生きている時代には、歴史上に名を残すような指導者は現れそうもありませんね...。でも、素晴らしい活動をされている方もたくさんいらっしゃいますよね。
    こちらも目を凝らしてwiseにならないと・・・。

    昨日の電球のような太陽の記事もすごいですね。
    現象を詳しく知っていても世の終わりを感じられただなんて、
    一体昔の人々はこんな太陽を見て何を感じたのでしょうね...

  • 2017/10/10 (Tue) 22:28
    Re: No title

    こんばんは、コメントをどうもありがとうございます。このタイトルは、もちろんコスモスから思いついたものではあるのですが、ちょうど昔のアルバムを聴いていてアラン・パーソンズ・プロジェクトの曲名がカッコいいな、と感じて今と昔を対比させるのが面白いかなあ・・と。ついでに今の世相で愚かな指導者ばかりで困ったなあ・・という皮肉も込めてみました。電球のような太陽の写真だと、文章であれこれ書かなくともいいパワーがありますね。

    > こんばんは。
    > 1300年の時の流れとcosmosの遥かな世界観(宇宙観)を合わせられなんて、グッときますねー。
    > どうやら私たちの生きている時代には、歴史上に名を残すような指導者は現れそうもありませんね...。でも、素晴らしい活動をされている方もたくさんいらっしゃいますよね。
    > こちらも目を凝らしてwiseにならないと・・・。
    >
    > 昨日の電球のような太陽の記事もすごいですね。
    > 現象を詳しく知っていても世の終わりを感じられただなんて、
    > 一体昔の人々はこんな太陽を見て何を感じたのでしょうね...

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する