Terminal Velocity ~旅の空〜

20170915mosaics_7travel68.png
2017/8/31 午後
スイス連邦チューリッヒ

雨粒が落下する際、重力加速度による下方への増速が、周囲の空気抵抗による減速と釣り合う速度が存在する。これを終端速度Terminal Velocityといい、水滴の大きさにより決まる数値である。つまり、小さい雨粒ほどあまり早くは落ちてこないということだ。恋愛の速度も、情熱の増速と時間とがバランスしていくのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する