Cloud Nine Over Amsterdam 〜旅の空〜

20170726mosaics_7travel53.png
2017/7/14 午後
オランダ王国アムステルダム上空

ポルトガルには日本からの直行便がないため、今回はアムステルダム経由で行った。KLM機は素晴らしい積乱雲の合間を揺れながら降下してゆく。雲の上端が氷の結晶となりアサガオの花状になっているのが積乱雲の典型の一つで、”Cloud Nine”というのは積乱雲のことを指し「意気揚々」というような意味らしい(ジョージ・ハリスンのアルバム等で有名)。積乱雲が9番目の雲だということに由来するらしいが、国際気象通報式では下層雲の9型として伝えられることと関係あるのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

コメント

  • 2017/07/27 (Thu) 17:04
    No title

    積乱雲の合間を飛んでいるのですね!楽しそうです♪

    積乱雲の上端が氷の結晶でアサガオのようになっていることがあるというのを初めて知りました。私が持っている雲の本では、積乱雲のてっぺんから巻雲が噴き出した写真がありますが、同じような現象なのでしょうか。今度積乱雲の上部も気を付けて見てみようと思います。地上からでは難しいのかな(^^;

  • 2017/07/28 (Fri) 04:15
    Re: No title

    いつもコメントをどうもありがとうございます。積雲が発達して雄大積雲になり、この時はまだ水雲ですが、上端の部分が氷の結晶になりはじめると積乱雲と呼びます。火炎が噴出したような形も多いですが、アサガオのように広がるのも典型的なパターンです。しかし関東で眺めていると、ほとんどは火炎状というか上方が流されているものですね。アサガオ形は意外と出現率が低いかもしれません。今年の夏に撮影できたらブログで紹介してくださいませ。

    > 積乱雲の合間を飛んでいるのですね!楽しそうです♪
    >
    > 積乱雲の上端が氷の結晶でアサガオのようになっていることがあるというのを初めて知りました。私が持っている雲の本では、積乱雲のてっぺんから巻雲が噴き出した写真がありますが、同じような現象なのでしょうか。今度積乱雲の上部も気を付けて見てみようと思います。地上からでは難しいのかな(^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する