上昇気流の可視化

20170709mosaics_14105.png
1989/5/10 午後
東京都南鳥島

南鳥島は、本州から南東方向に1,800km離れたところにある絶海の孤島である。その青い珊瑚礁と蒼い海が、午後の入道雲を白く映していた。上昇気流が凝結し始めるのが雲の底となって見えており、さらに雲の上端では頭巾雲が、上昇気流の存在を可視化してくれていた。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する