リトマス試験花 〜雨の散歩道〜

20170706mosaics_7Rp06.png
2016/6/13 朝
東京都千代田区

アジサイの装飾花の色は、土壌の酸性度を表すという。曰く、青は酸性、ピンクはアルカリ性だと。すると同じ場所に生えて個体で色が違うのはなぜか、また咲いている間に色が変わるのはなぜなのだろうか? 調べてみたら、アジサイの色に関係するのはアルミニウムであり、それがイオンになりやすいかどうかが土の酸性度と関係があるというのが第一。第二に、アルミニウムイオンが多いと花の色素アントシアンと結合して青が強くなるらしく、枝によっても根から配分されるアルミニウムイオンの量は変わるらしい。第三に、咲き初めに濃かった青やピンク色が変化してゆくのは、花の葉緑素の分解と有機酸の蓄積によるものだという。意外に単純ではないようだが、それはさておき、小学校の理科で実験で使ったリトマス試験紙を思い出すのが懐かしい。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する