消える水

20170628mosaics_13105c.png
2016/8/21 昼
東京都千代田区

6月29日(木)26時29分からオンエアになる『ワケあり!レッドゾーン』では、ロケでの紹介VTRとして下位蜃気楼の一種である逃げ水を紹介します。6月3日に事前ロケを行い、この写真のように濡れた路面?が、先に行ってもない…というシーンを撮りました。出演依頼があってからスタジオ収録まで時間が限られており、事前ロケで富山湾魚津市に取材に行く時間も予算もなかったために、頻繁に見られる下位の逃げ水を題材にせざるを得なかったのです。しかし結果的に、一般の方にも経験値が高い逃げ水を選んだのは、わかりやすかったのかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

パイレーツ・オブ・トヤマワン Ⅲ

20170627mosaics_13105b.png
2013/5/18 昼過ぎ
富山県魚津市

6月29日(木)26時29分からオンエアになる『ワケあり!レッドゾーン』では、全国の有名どころの上位蜃気楼も紹介します(もっとも私の写真ではなく、『蜃気楼のすべて!』で執筆分担した皆様が撮った動画ですが)。富山湾の初夏の風物詩である上位蜃気楼が発生すると、沖合を行く普通の船が不気味な海賊船などへと変貌します。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

逃げ水を追いかけて

20170607mosaics_13105.png
2016/8/21 昼
東京都千代田区

縁があって、日本テレビ系の『ワケあり!レッドゾーン』という深夜番組に出演することになりました。先の土曜日にVTR用の事前ロケを行い、この写真のように熱い道路上に現れる逃げ水を追いかけるシーンを撮りました。スタジオ収録は明日木曜日の予定です。千葉県立博物館の大木淳一さんが撮った別海町の四角い太陽とグリーンフラッシュの見事な動画ほかを紹介いたします。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

むかわ竜の町の蜃気楼 ~ゲスト提供~

20170602mosaics_1310g1.png
2017/5/4 朝
北海道むかわ町の海岸

むかわ町には斜里から引っ越してきたばかりで、ここでどんな条件のときに出るのか、まだ全くわかっていません。でも、前夜のニュースで天気図を見ていたら、日本列島が大きな高気圧に覆われ、いかにも全国的に蜃気楼が出そうでした。ピンポイント予報を見ると、朝に風が弱そうだったので、あてずっぽうで海岸へ・・・。

まだ見慣れない景色ですが、溶岩ドームが印象的な樽前山の下で、明らかに苫小牧方面が伸びて見える! 慌てて、動画と静止画を撮影しました。その後も景色の伸びには何回か遭遇していますが、これほどクリアな上位蜃気楼にはまだ出会っていません。太古の昔に”むかわ竜”が闊歩していたかもしれない町で、四季折々にどんな幻が見られるのか実に楽しみです(T. Sato)。

※スペシャル・ゲストのT.Satoさんから、素晴らしい写真を紹介する了承を得られました。T. Satoさん、どうもありがとうございます。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

パイレーツ・オブ・トヤマワン Ⅱ

20170501mosaics_13104.png
2013/5/18 昼過ぎ
富山県魚津市

魚津市から眺める富山湾の蜃気楼は、方角によっていろいろな変化の様子が異なるところがいい。北西の方角は、富山湾を出ていく大型運搬船が海賊船のような形になったりするが、北東側ではこの写真の中央付近のように小型のプレジャーボートが妙な形になって移動したりする。護岸堤では、この春の風物詩を眺め撮影する人々が集まっている。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

パイレーツ・オブ・トヤマワン

20170429mosaics_13103.png
2013/5/18 昼過ぎ
富山県魚津市

春になって陽気がよくなってくると、
富山湾の蜃気楼が気になり始める。
ハマグリの吐く妖気が、
幻の楼閣を作り出すという。
それは普通の運搬船を、
不気味な海賊船へと変貌させた。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

近くて遠い島の幻影

20170328mosaics_13102.png
1988/7/21 昼過ぎ
北海道根室市

根室半島の北方40〜50kmの北方領土の島、国後島。その最北部にそびえる最高峰は、標高1,822mの爺爺(ちゃちゃ)岳である。根室の街から眺めると、この山は上部だけが見えて、国後島とは別の独立した島のようだ。夏のある日、白昼夢のように出現した蜃気楼が、巨大なオーバーハングを付けて両肩があるような幻影の島影を作り上げた。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

炎天の逃げ水

20170327mosaics_13101.png
2010/8/29 午前
東京都千代田区

追いかけても追いかけても、
決して到達できない幻の水面。
ふとした視線のビームの先に、
逃げ水はゆらゆらとその姿を立ち現している。
でも、作画するのは意外に厄介だ。
スタイリッシュに撮影できたなら、
夏のメモリーの一枚となることだろう。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真