昨日、環水平アークを 〜折々の空〜

20170430mosaics_7Sp14.png
2017/4/29 昼前
千葉県船橋市

昨日の昼前に、南の空に淡い環水平アークが30分間くらい現れた。氷の雲の屈折で現れる暈現象の一種なので、水の雲などの回折で現れる彩雲とは異なる現象なのだが、新聞などでは「彩雲現る」などと紹介されることが多い。
スポンサーサイト
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

ケルビン-ヘルムホルツ不安定波雲 〜折々の空〜

20170417mosaics_7Sp13.png
2017/4/16 夕方
千葉県船橋市

昨日の夕暮れ時に、西の巻雲の一部に海の波頭のような構造が現れた。10月13日の記事で紹介したケルビン-ヘルムホルツ不安定波による雲だと思われる。なかなか出現せず、出たとしても数分で消えてしまうレアな雲であるが、昨日は比較的目立つ時刻と方向だったので目撃者は多かったのではなかろうか。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

興福寺の桜 〜折々の空〜

20170415mosaics_7Sp12.png
2011/4/10 午後
奈良県奈良市

高さ50.1mの興福寺五重塔は奈良の象徴的存在だ。創建は天平2(730)年だが、焼失と再建を繰り返したフェニックスのような塔である。儚く散り翌春に再生する桜とイメージが重なる部分もある。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

元興寺の桜 〜折々の空〜

20170414mosaics_7Sp11.png
2011/4/10 午後
奈良県奈良市

和同3(710)年の平城遷都に伴い、飛鳥の飛鳥寺が移転されて寺名を変えたという由緒を持つ元興寺(がんごうじ)。その国宝の本堂は”行基葺”という古代の葺き方で、飛鳥から運ばれた瓦が今も使われているという。世界遺産に登録されているがとても静かな雰囲気の境内で、天平の甍を眺めながらプチ・タイムトリップを楽しんだ。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

東大寺の桜 〜折々の空〜

20170413mosaics_7Sp10.png
2011/4/10 午後
奈良県奈良市

天平勝宝4(752)年に開眼した大仏が鎮座する大仏殿は、世界最大級の木造古建築であり、古都奈良を象徴する眺めである。天平の昔に想いを馳せながら、王道ともいえる組み合わせで撮影した。
テーマ: 動物の写真 - ジャンル: 写真

勧修寺の桜 〜折々の空〜

20170410mosaics_7Sp09.png
2012/4/15 午後
京都府京都市伏見区

山科盆地の南側、醍醐寺のほど近くに勧修寺(かしゅうじ)がある。こちらも醍醐天皇と関係が深く、昌泰3(900)年に天皇が創建したという古寺だ。その門前には桜が並び、しっとりとした風情を醸し出していた。
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

醍醐寺の桜Ⅱ 〜折々の空〜

20170409mosaics_7Sp08.png
2012/4/15 午前
京都府京都市伏見区

醍醐寺は、豊臣秀吉が愛した寺としても有名だ。人生最後の花見を行ったのが、慶長3(1598)年の”醍醐の花見”であり、その豪華な宴のイメージは豊太閤花見行列というイベントでも見ることができる。慶長3年の花見にあたって伽藍の復興をしたり、三宝院の庭作りを始めたという。豊臣家の家紋が残る国宝の唐門と、秀吉の時代に植えられたかもしれない桜を組み合わせた。
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

醍醐寺の桜 〜折々の空〜

20170408mosaics_7Sp07.png
2012/4/15 午前
京都府京都市伏見区

貞観16(874)年に起源を持ち、延喜7(907)年に醍醐天皇の御願寺となった醍醐寺。醍醐天皇の菩提を弔うために天暦5(951)年に完成した五重塔は、京都に残る最も古い木造建造物だという。とっても由緒ある古塔を背景に春を彩る枝垂桜を眺め、1100年もの昔に想いを馳せた。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

トサミズキ、the yellow 〜折々の空〜

20170326mosaics_7Sp06.png
2017/3/9 朝
東京都

早春の光を反射する花、
フクジュソウ、マンサク、ロウバイ。
淡い黄色の花が清楚でよい。
そうして早春から春本番へ、
トサミズキ、ヒュウガミズキ、レンギョウ。
そのあとは、菜の花畑からタンポポの草原へ。
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真

沈丁花、香る 〜折々の空〜

20170319mosaics_7Sp05.png
2017/3/9 朝
東京都

ジンチョウゲの香りは、
本格的な春の到来を
感じさせてくれる
エレメントの一つだと思う。
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真