FC2ブログ

ドライ・ハイリゲンシャイン 〜旅の空〜

20190721mosaics_7travel29.png
2019/7/8 朝
イタリア共和国ミラノ空港上空

イタリア北西部のミラノ・マルペンサ空港に着陸する直前、反太陽点の畑のところがボンヤリと輝いて見えた。草地の露で見える場合は稲田の後光とかデュー・ハイリゲンシャシンと呼ばれるが、このケースはドライなタイプのように思えた。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

虹の探し方 〜旅の空〜

20190720mosaics_7travel28.png
2019/7/12 午後
スイス連邦ルガーノ湖パラディーソ

虹を探す方法にはいろいろあるけれど、
先に虹を見つけた人を探すのもアリだ。
スイスの湖によくある大噴水の東側で、
水平に横たわる虹を発見した僕たちの、
その姿を見て女性がスマホで撮り始めた。
そういう一幕が、画竜点睛みたいな効果となった。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

ベルガモの有翼獅子 〜旅の空〜

20190719mosaics_7travel27.png
2019/7/8 昼
イタリア共和国ベルガモ

イタリアの湖水地方とちょろっとスイスに行ってきた夏休み。ミラノ到着後に電車でベルガモに行き、古い城壁の街チッタ・アルタに上る。ここはヴェネティア共和国の名残りが世界遺産に登録されていて、そのシンボルだった有翼の獅子が秘かにアピールしている。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

湖水地方にて 〜旅の空〜

20190718mosaics_7travel26.png
2019/7/14 朝
イタリア共和国ストレーザ

暑中お見舞い申し上げます。

夏休み旅行で、イタリアの湖水地方とちょろっとスイスに行ってきました。これからちょっとずつ、その景色を紹介いたします。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

エスプレッソで眠れない 〜旅の空〜

20190706mosaics_7travel25.png
2004/7/24 午後
イタリア共和国ミラノ

7月7日から7月16日まで、館主の夏季休暇のためお休みいたします。

夏休みの旅行先はイタリア北東部とスイスの端、「一緒に行くならミラノかな」と歌われたミラノを15年ぶりに訪ね、またベルガモ・パルマ・トリノなどでゆっくり過ごしてきたいと思います。

蜃気楼カレンダー写真コンテスト2020(リンク)の公募中です。
photo2019_0.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

空港で、ずっと雲を見ていた 〜琉球の風〜

20190705mosaics_7Sm16.png
2019/6/29 午後
沖縄県石垣市石垣空港

出張の用務をすべて終え、ちょっと早めに新石垣空港にやって来た。空港ロビーのバーでビールを飲むのにも惹かれたが、僕は展望台に上がりしばらく夏雲を眺めることにした。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

川平湾にて 〜琉球の風〜

20190704mosaics_7Sm15.png
2019/6/29 午前
沖縄県石垣市川平湾

川平湾は石垣島随一の絶景であり、沈水カルストと珊瑚礁が作り出すその美しい色は川平ブルーと呼ばれる。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

コーラル・リーフ 〜琉球の風〜

20190703mosaics_7Sm14.png
2019/6/28 午前
沖縄県石垣市真栄里ビーチ

出張で訪れた石垣島は、珊瑚礁が美しい島。街から歩いて15分のところに、このようなリーフが見られる。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

梅雨明けの日 〜琉球の風〜

20190702mosaics_7Sm13.png
2019/6/29 午前
沖縄県石垣市川平湾

6月29日、沖縄で梅雨が明けた。出張で訪れた石垣島でその日を迎え、川平湾の美しいビーチで夏本番の強烈な日射しを実感した。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

GFとBF(2016年12月7日の再掲)

20161207mosaics_3208.png
1995/8/31 17時00分
南極昭和基地

中学生の時に好きだった山と渓谷社の『雲』(飯田睦治郎著)のあとがきに、「現在の感光材料で撮影可能な気象現象のうち残るのは、グリーンフラッシュくらいのものだろう。わが国で写真に収めた人は誰もいない。」という文があった。これがいつの間にか撮影目標となり、1989年に南鳥島で、1995年に南極で撮影に成功して一定のゴールに達したと思った。

その後インターネットが急速に普及し、世界の珍現象の写真が誰でも見られるようになる。ブルーフラッシュの南極点での美しい写真が検索で出てきた時には、新たなゴールが出現したと思った。しかし、その答えは数年後にスキャナーでリバーサルフィルムを取り込んで、画像を拡大したら見つかった。1995年のGFの中に、すでに写っていたのである。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

ライトピラーの灯る夜(2016年10月24日の再掲) ~ゲスト提供~

20161024mosaics_gst05.png
2004/7/13 21時20分
南極昭和基地

昭和基地では通常は夜間にオーロラ観測を行っているため、ブリザードの日以外は灯火管制下にあるが、この夜は小雪が降る一日だったので電灯が灯っていた。また当日は基地内に作ったかまくらでの飲み会があり、飲みに行く途中でライトピラーを見つけたので、高台に走って上り写真を撮った。写真の下の方に見える小さな明りは、かまくらの窓から漏れる光である(J. Hisamitsu)。
※スペシャル・ゲストのJ. Hisamitsuさんから、素晴らしい写真を紹介する了承を得られました。J. Hisamitsuさん、どうもありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

真珠母雲、あるいは真珠雲(2017年1月20日の再掲)

20170120mosaics_4212.png
1995/8/3 16時
南極昭和基地

極夜(きょくや)が明けて8月初旬の昼から夕方にかけて、上空に幻想的な色彩の極域成層圏雲が現れた。普通の雲ができる対流圏よりも高い成層圏に発生するこの雲は、低い太陽の光を回折・干渉させて真珠母貝の内側に見られる虹のような色彩を帯びるため、真珠母雲と呼ばれる。高度15kmもの高空に浮かぶため、日没後にもしばらく妖しい輝きを放っていた。なお、昭和基地での目撃例は50年間に2回しかない。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

イプシロンによるロケット雲の夜光雲(2月3日の再掲) ~ゲスト提供~

20190203mosaics_1412g.png
2018/1/18 夜明け前
鹿児島県鹿児島市

昨年1月18日の夜明け前、奇妙に光るグジャグジャの雲が西日本の広い範囲で目撃され、話題になった。それは、イプシロンロケットの航跡が中間圏まで続く”ロケット雲”となり、かつ夜明け前の空で怪しい色彩に輝く”夜光雲”となったもの。その貴重な写真を熊本市在住の小枝智幸‎さんからご提供いただいたので、紹介する。小枝さんの稀有な写真と臨場感あるコメントに感謝いたします。

桜島に噴火の気配が感じられたので、様子を気にしていた夜が明け始めました。ふと桜島の方を見ると、その右上の空に「天女の羽衣」のようなものが虹色に輝きながら舞い降りてくるではありませんか。初め「オーロラ? まさか鹿児島で! そもそも見た事もないのに…」と戸惑いつつ、あまりの綺麗さに職場にある一眼デジタルカメラで撮影しました。でもなかなか上手く撮れず、苦労した中でたまたま撮れた一枚でした。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

太陽アークと映日アークも(2016年11月24日の再掲) ~ゲスト提供~

20161124mosaics_gst09c.png
2016/10/25 11時15分
北海道室蘭市

10月25日の暈現象に関して、北海道の斜里町にある知床蜃気楼・幻氷研究会の会長Sさん(佐藤トモ子会長)から新しい情報がもたらされた。TWITTER投稿によれば、反転画像から太陽アークも確認できたというものだ。僕も室蘭の画像で試してみたら…、太陽から左上に出て上部ラテラルアークの上方でくるりと回って再び太陽方向へ戻る太陽アーク(Heliac Arc)が! さらに、画面の左下方に映日アーク(Subhelic Arc)という超レア現象も見つけた。この一枚の中に、何と12種類が出ていたのだ!
※スペシャル・ゲストの室蘭地方気象台さんから、素晴らしい写真を紹介する了承を得られました。室蘭地方気象台さん、どうもありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

10月25日の暈現象Ⅱ(2016年11月9日の再掲) ~ゲスト提供~

20161109mosaics_gst09b.png
2016/10/25 11時15分
北海道室蘭

10種類の暈現象のうち、残りの2個はかなりレア度が高い。幻日環の上で太陽から120度離れた位置に輝く⑧120度幻日、上部タンジェント・アークあたりから発して幻日環の反対側でX字形に交差するリボン状の⑩ウェーゲナー・アークだ。特にウェーゲナー・アークは超レア現象で、空ウオッチャーの憧れの存在である。大陸移動説で有名なアルフレッド・ウェーゲナーに因んだ命名であり、物理学者で大気光象にも興味があったため、このアークの成因に関する論文を書いたようだ。
※スペシャル・ゲストの室蘭地方気象台さんから、素晴らしい写真を紹介する了承を得られました。室蘭地方気象台さん、どうもありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

中海の反射虹(2016年10月16日の再掲) ~ゲスト提供~

20161016mosaics_gst03.png
2011/11/18 16時27分
島根県松江市

島根県松江市本庄町の中海海岸にて、遠景の大根島とその向こうに大山を望む。ただでさえドラマチックな虹がV字形になっていたが、その時は「見たこともない虹だな・・・」と思いながら撮っていただけだった。反射虹という、静かな水面に反射した太陽光が別な形の虹を作り出すレアな現象ということは、後で知った("mayukichi")。
※スペシャル・ゲストのmayukichiさんから、素晴らしい写真を紹介する了承を得られました。mayukichiさん、どうもありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

慰霊の日 〜琉球の風〜

20190624mosaics_7Sm12.png
2019/6/23 午後
沖縄県糸満市

6月23日は慰霊の日、沖縄戦での膨大な20万人の戦没者を弔う一日だった。74年前の日への祈りを、72人の気象台職員の御霊を慰める”琉風之碑”前で捧げた。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

サガリバナ、その後 〜琉球の風〜

20190623mosaics_7Sm11.png
2019/6/18 朝
沖縄県那覇市

県庁前のサガリバナを、時々見に行く。18日の朝は白い花がブラシのように咲きそろっていて見事だった。今日6月23日は慰霊の日、沖縄戦での膨大な20万人の戦没者を弔う一日である。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

スイスの低い虹(3月23日の再掲) ~ゲスト提供~

20190323mosaics_12113g.png
2017/7/24 夕方
スイス

3月23日掲載の虹を撮った石田理紗さんに募集ポスターをデザインしてもらい、蜃気楼カレンダー写真コンテスト2020(リンク)の公募を開始しました。石田理紗さんに感謝しつつ、低い虹を再掲いたします。

photo2019_0.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

とろける夕焼け 〜南極の風光〜

20190621mosaics_72ant101.png
1995/7/8 夕方
南極昭和基地

とろけるような色彩の夕焼け。

にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真