光の海へ 〜折々の空〜

20170527mosaics_7Sp18.png
2006/4/25 午後
福岡県福津市


光のシャワーを浴びる渚
自分が自分らしくあるために。
スポンサーサイト
テーマ: ある日の風景や景色 - ジャンル: 写真

虹のカケラ 〜旅の空〜

20170526mosaics_7travel44.png
2006/4/4 午前
福岡県福岡市東区

虹の架け橋が綺麗に半円形になるのは、実はかなり珍しい。たいていはアーチの一部が弧として見えている、あるいはごく一部がカケラ状に見えることが多い。その理由は、虹をもたらす雨の降り方が不均一であるためである。しかしながらカケラであるが故に、その中の色彩をよく眺めたり、カケラから全体を想像したりするのも楽しいような気がする。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

大阪湾の夕虹 〜旅の空〜

20170525mosaics_7travel43.png
2012/7/28 夕方
兵庫県神戸市

虹を見つけると、誰かにそれを教えたくなる。多くの人がスマホで撮り、恋人に送ったりSNSで共有したりする。虹には幸福を拡散させるパワーがあるが、次の瞬間には人々の興味も別な方へと拡散していってしまう。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

Rainbow Stateで朝虹を

20170524mosaics_12108.png
2012/11/15 朝
アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル

ハワイは”虹の州”と呼ばれており、虹をよく見かける。車のナンバー・プレートにも、虹のアーチがデザインされている。あるガイドブックには、「ワイキキでは朝7〜8時によく出る」と書いてあった。さすがに「そんなにピンポイントで出る訳がなかろう」と高を括っていたが、シェラトン・ワイキキに宿泊した翌朝7時過ぎになったら本当に出たので、誠に驚いた。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

虹の街

20170523mosaics_12107.png
1985/8/5 夕方
和歌山県田辺市

虹の源にはタカラモノが埋まっているという。
虹脚埋宝伝説と呼ぶらしい。
追いかけても追いかけても
決して辿りつくことが叶わないけれど、
そういうコトを思える心が宝物なのかもしれない。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

Over the Rainbow

20170522mosaics_12106.png
1994/11/19 朝
南太平洋

朝日があたる雲の上に、
虹のアーチが架かった。
フランス語だとL'Arc-en-ciel、
これは”空中のアーチ”というような意味だという。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

Over the Mirage

20170521mosaics_13204.png
1996/2/10 夕方
南極海

蜃気楼の魔法の国は、どこまで広がっているのだろう。それを偵察に行ったという訳でもないのだが、砕氷船”しらせ”の艦載ヘリコプターが蜃気楼の彼方へと飛んで行った。こちら側から見ていると、蜃気楼の王国を鳥瞰しているようなイメージだが、機上からは眼下に何の変哲もない白い氷原が見えているだけだろう。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

魔法の塔

20170520mosaics_13203.png
1996/2/10 夕方
南極海

蜃気楼というのは、「蜃」という想像上の生き物が妖気を吐いて楼閣を生じさせるという中国産の渡来語である。西洋では、妖精モルガンが作り出す魔法として、そのイタリア語である「ファタ・モルガナ」が蜃気楼現象の代名詞となっていた。現代ではsuperior mirageが上位蜃気楼を指し、Fata Morganaは上位蜃気楼の中でも複雑な事例を指すことが多いようだ。南極海に現れた世にも奇妙な塔は、まさに魔法の産物のようであった。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

フロントグラスの雨

20170519mosaics_15105.png
2016/5/7 昼前
岩手県釜石市

車中からフロントグラスの上に描かれる雨粒の痕跡を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまう。ワイプされた窓に次々と広がる透明な円の直径は、時にビックリするほど大きい。昔読んだ気象のエッセイで、「インドの雨は直径が3〜4cmもあった」と書かれていたが、あれはフロントガラス上の直径のことだったのだろう。『一般気象学』には、「直径が約8mmを越える雨粒は地上で観測されていない」とあり、水滴が分裂してしまうためだという。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

雨上がりの空に

20170518mosaics_12105.png
2016/5/5 夕方
岩手県平泉町

バッテリーの電圧をチェックして、
エンジンを再起動して、
発車できるかのルーティーン。
カーラジオから流れ出すあの曲、
プチ幸せを追ったイメージトレーニング。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

平泉・中尊寺の風 〜旅の空〜

20170517mosaics_7travel42.png
2016/5/5 昼
岩手県平泉町

世界遺産地域の中核をなすのは中尊寺であり、もちろんその最大の見どころは金色堂だ。しかし、その広い寺領である山地には金色堂以外にも多くの趣きある建物が散在する。本堂で感じた爽やかな風が、何だかとても印象的だった。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

平泉・毛越寺の浄土庭園 〜旅の空〜

20170516mosaics_7travel41.png
2016/5/5 昼
岩手県平泉町

毛越寺(もうつうじ)の大泉が池は、平安時代の浄土庭園の面影を残しているという。少し茫漠とした印象もあるこの光景を、奥州藤原氏や源義経も眺めたのだろうか。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

神戸のライトピラー

20170515mosaics_12209.png
2013/2/24 夜
兵庫県神戸市

ライトピラー(光柱)は、上空の氷の雲によっても稀に見えることがある。函館あたりの”漁火光柱”が有名だが、注意してみると都市の上空にも出ていることがあるようだ。これは神戸に住んでいた2年間で、一回だけ目撃したものである。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

天頂への集束

20170514mosaics_12208.png
1995/8/29 深夜
南極昭和基地

立ち並ぶライトピラー(光柱)の柱が、地上付近では平行に並び、それらが天頂で一点に集束する。その様子を一枚の画面に収めたくて、対角線魚眼レンズを使って縦構図で撮影した。
テーマ: 空の写真 - ジャンル: 写真

可憐なキンラン 〜折々の空〜

20170514mosaics_7Sp17.png
2017/5/2 朝
東京都

早春の淡い黄色の花シリーズ、
キンランはほぼ最終時期のもの。
キンランとギンランが近くにあることもあり、
両方に出会えると、ちょっとうれしい。
テーマ: 花・植物 - ジャンル: 写真